大阪 東京 ショップツールデザイン | デザイン事務所 白場

大阪 東京 ショップツールデザイン | ブランディングデザイン事務所 白場

Blog

『価値観』でターゲットを絞る美容室サロン

更新日:

こんばんは! いつもありがとうございます。

広報担当波多江です。

美容系サロンの集客だけでなく、多くのお店での集客にとっても『ターゲットを絞ること』は、とても重要なことです。

誰でもオッケーー!
な、お店は集客がなかなか思うようにいきません。

美容系サロンは、年齢層でターゲットを絞り、その年代に合わせてサービス内容や料金設定を決めていることが多いのですが、
最近では、そのようなターゲット設定をしていても、同じような客層をメインにしている大型サロンや低価格サロンに、どんどんお客様を取られてしまいます。

image

特に中小規模の美容系サロンが、この美容業界で勝ち残る為には、そのような大型サロンなどと違う『やり方』を考える必要があります。

それは、年齢層でターゲットを絞るのでは無く、『価値観でターゲットを絞る』ということ。
価値観は年齢関係無く、人それぞれ違います。

例えば、エステサロンに100万円使う人もいれば、エステサロンでそんなにお金をかけたくない。。という人もいますよね。

100万円使う人というのは、自分にとってそのエステサロンのサービスに100万円かける価値がある。と思っているということです。

そういった『特定の価値観をもつ客層』をターゲットにすることで、むやみに安売りする必要もなく、集客方法を考える上でも、その特定の価値観をもつ客層に向けて、情報を発信することができます。

そして、どのような価値観をもった客層が、どのようなものを好むのか?ということも同時に考えていく必要がありますね!

-Blog

Copyright© 大阪 東京 ショップツールデザイン | ブランディングデザイン事務所 白場 , 2018 AllRights Reserved.